住居費がただになる?寮費無料のバイト

大規模な工場には寮費無料の所が多い

自動車工場のような本格的な工場では期間工がありますが、バイトでも務まる工場であれば寮費無料という所もあります。個室か共同部屋かの確認は必要ですが、工場側で用意しているものではなく派遣元や業務請負元が独自に用意しているケースが多いです。季節要因により、繁忙期を基準として寮の利用がされますが、年間借り上げが行われている場合も多く早く入寮すれば個室が与えられる機会が増えます。 大規模な工場の中でも金属加工や食品工場では操業時間が24時間というケースも珍しくありません。直接雇用のバイトで寮完備の所は、欠員補充のために追加勤務を要請されることが多いので、体力に自信がある人に向いています。入寮者にとっては稼ぎたい目的の人と、通勤時間を短くしたい人と両極端です。寮を選べるなら希望を出しておくと良いでしょう。

地方では通勤に車が必要になるから寮費無料が増える

地方の工場で寮費無料の環境が用意されている場合には、2つのパターンがあります。朝晩の食事付きの寮が完備されている場合には、個室であってもトイレ・バスは共同であり、間仕切りされた個室が割り当てられているだけというケースもあるので、所持品の盗難に注意する必要があります。 一方、民間のアパートを借り上げて寮としているケースでは、寮費無料となっているケースは少ないです。最寄り駅から車以外では交通手段が厳しいなどの特殊事情ある場合には、寮費無料として車を持たない就業者を集めることが出来ます。立地条件が厳しいために、住み込み状態でも働いて欲しいと考える会社の方針とも言えます。地方の工場へ勤務する際に寮費無料と謳われている場合には、なぜ寮費無料となっているのか理由を確認してみる必要があるでしょう。